Skip to content

ロックショア 熊野

7月18日、19日。今回は、少し足をのばして熊野の沖磯にいってきました

日曜仕事終わってから出発

ここに渡礁

なんか暑さでかすんでる・・・

狙いはシイラとサバ




こんなところから頑張ってみましたが、潮だらだらで全然だめでした





なので

足元で根魚ねらい

足元からドン深







こんなん釣れました

ガシラとアカハタ

行きしに寄った釣具屋ですすめられて買ったワームで



しかも、2キャストで2匹

一緒に行ったつれも帰り買ってました(笑)

ガシラ30cmありました

暑すぎて11時ぐらいでギブアップ

ふだん冷房バリバリの自分にはキツ過ぎ






いまいちパッとしなかったので、次の日も行きました

小浜で小物釣り

40lbのラインから、2lbに持ち替え

久しぶりのライトラインでとまどいまくり

みにくい

すぐ切れるし・・・

でも意外といいのが釣れてけっこう満足



持ち帰りはこの2匹

けっこう数は釣れたので、 たまにはいいかな

ショアジギは釣れないことのほうが多いしね

越前海岸 ヒラマサ 

片道3時間

往復300km

越前海岸地磯

ひそかに狙っていたターゲット

ヒラマサ(コマサだけど)

めちゃうれしい!!

バスフィッシング出身の自分がソルトルアーフィッシングに出会って

雑な攻め方になってたのを気づかせてくれた一本

そこにいるであろう魚に、どうやって口をつかわせるのかはバスの経験があるので少しは引き出しがあるつもり

海の魚にあてはまるのかは別にして

いろんなパターンを試してみたくなった

今回のヒットなんかは、まんまバスでやってたパターン

ちょっと思い出したのでまた狙って捕ってみようと思う

ロッドはダイコーのストームミリアー110/11

釣り業界撤退の知らせを知って購入。魂入りました

ブルーダー、カリスマスティック等いい竿だったなあ

ストームミリアー。思い通りのアクションがつけやすく、バットはしっかりパワーがあってそうとう使いやすい

すいこむようなあたりだったのだが、このしなやかなティップが追従してくれたからフッキングしたように思う

しかもフッキングしたのもわかる感度の良さ

いい竿つくってたのになあ

もうダイコーの竿がないのが、残念な今日この頃

ちなみに、9月8日でしたが、越前海岸ではアオリイカはまだ小さかったです

くせ毛にパーマでおさまりやすく

あつかいにくいくせ毛も、パーマでおさまりよくできます。

ただ、おさまりを予想して、そこにもっていくの は経験がいります。

くせ毛なのでパーマはあたりやすいですが、よく考えないとかえっておさまりが悪く、どうしようもなくなります。

今回のお客様の髪質は、縮毛にちかいくせ毛で量も多く、ボリュームがでるので、プレカットの毛量調整と、薬剤、アフターカットの長さに気をつかいました。

カット前です。水分で伸びてますが、乾くとひろがる髪質です。

ここからよけいなくせをとって、くせ自体を弱めます。



プレカット後です。カットとセニングでボリュームをおさえます。セニングはハサミを入れる部分に注意しないと、ばらついてきれいにおさまりません。



ここから、

ロッド巻き~アフターカットです。

で、こうなりました。





パーマみたいなくせ毛、とはよく言いますが、くせ毛はくせ毛で、パーマの質感とは全然違います。

扱いやすさは本人さまが一番わかっていただけると思います。

くせ毛でもパーマは、「あり」です。